足がつる理由はなに?なんで足がつるの?

足がつる

足がつるのは、足が痙攣した状態です。

足が痙攣したまま、硬直して痛みを伴います。

さらに、

自分の意志ではもとに戻すことはできず、

歩行も困難になります。

足がつる原因は世代によって、違います。

足がつる原因は様々です。

 

若い世代では、

運動をしている時に起こることが多いです。

つまり、若い世代が足がつる理由は、

筋肉の疲労によって起こると考えられています。

また、

昼間のうちに激しい運動したよる、

寝ている間に足が攣る場合もあります。

筋肉の疲労で、足がつるメカニズム

筋肉疲労で足がつるのは、筋肉の細胞の暴走。

 

筋肉疲労で、足がつるのは筋肉細胞の暴走です。

筋肉の細胞は、

■カルシウム

■マグネシクム

■ナトリウム

■カリウム

■水素

これらの各ミネラルイオンが、筋肉や神経が反応性が良いように調整されています。

このイオンのバランスが崩れ、足がつると考えられます。

中高年は、寝ている間に足がつる場合が多い

中高年は、寝ている間に足が痙攣することが多いって?

 

中高年でも、運動を始めた時に足がつることがあります。

ですが、多いケースは、

実は睡眠中なんです。

睡眠時に、足がつって目覚めてしまうケースが多い。

ひどい人は、毎日足がつって目覚めてしまうほど。

 

足がつるのは、筋肉の収縮です。

筋肉の収縮は、カルシウムイオンの働きで起こります。

カルシムイオンの濃度が高くなると、足がつります。

 

寝ている間は呼吸や汗により、水分が奪われます。

それにより、カルシウムイオンの濃度が濃くなり、

寝ている間に足がつる、(こむら返り)が起こると考えられます。

 

中高年は、若い世代よりも運動量が少なくなり、加齢により筋力も衰えます。

足の筋力が弱まれば、血流が悪くなり、

必要なミネラルも送られなくなります。

それにより、ミネラルイオンのバランスを崩れ、

足がつるという減少が起きてしまうのです。

もしも、

寝ている間に足がつる人は、ミネラルイオンのバランスが崩れている可能性があります。

足がつるのを、予防する方法はないの?

足がつるのは、ミネラルイオンのバランスの崩れです。

 

先述したように、

足がつる原因は、ミネラルイオンのバランスの崩れです。

それは血流が良くなることでも、改善が見込めます。

ウォーキングなどのふくらはぎを動かす運動を心がけましょう。

歩くことで、血行が良くなります。

ふくらはぎはポンプなので、全身の血流を良くしてくれるわけです。

血流が良くなれば、ミネラルイオンも運ばれやすくなります。

ですから、

普段からウォーキングや体操を楽しみながら、続けましょう。

 

食においても、バランスを考えた献立を、

好き嫌いせずに食べるようにしてください。

 

これらのことを押さえ、さらにもっと効果的にするには、

直接的なマッサージです。

ふくらはぎをマッサージすることで、血流が良くなります。

ただし、

ふくらはぎのマッサージは大変なので、

長続きせず、3日坊主で終わってしまいがちです。

これでは意味がありません。

そこで、

おすすめなのがマッサージクリームです。

リンパの流れと、血流の流れを促してくれる成分が入った、

良いマッサージクリームが、今はあるんです。

そういうのを使うと、毎日マッサージせざるを得ないです。

 

運動と、食事と、マッサージクリームがあれば最強じゃないですか?

日頃から、

体をケアしてあげてください。

足のマッサージのクリームですが、

>コチラなんか、良いと思います。

-どうして?なんで?

Copyright© internet-site , 2019 All Rights Reserved.