人はなんで悩むのか、あなたは知っていますか?

人が悩むのは、

 

イメージと、現実と差があるから

人が悩むのは、描いたイメージと現実に差があるからです。

 

人は、イメージする生き物です。

 

そのイメージと、現実との間に差ができると「こんなはずじゃない」

 

と悩むわけです。

 

ひとは、すぐには現実を受け入れられません。

 

その現実を受け入れられない間は、ずっと悩んでいると言えます。

 

人は、ずっと悩んでいる生き物なのかもしれません。

 

人が悩むのは、イメージと現実に差があるからでした。